各市町村の支援機関
このページでは、各市町村にお住まいの方を対象にご相談・支援を行っている機関をご紹介します。詳細につきましては、各市町村担当へ直接ご確認ください。


1.保健センター
 主に乳幼児期のお子さんの発育に関するご相談や、成人・高齢者への保健サービスの提供を行っています(乳幼児健診、発育・発達相談、グループ指導等)。
2.教育センター(教育委員会)
 主に学齢期のお子さんの教育に関する総合的な相談・指導を行っています(教育相談、適応指導教室、心理検査等)。
3.障害者就労支援センター
 障害者の就労機会の拡大を図るため市町村が設置し、障害者やその家族の求めに応じて、職業相談、就職準備支援、職場開拓、職場実習支援、職場定着支援の業務を行っています。
※設置されていない市町村もあります。その場合は、障害者就業・生活支援センターをご利用ください。
4.相談支援事業所(一般相談支援/特定相談・障害児相談支援)
 障害者が地域で生活するために必要な援助を行っています(相談、活動支援、障害者福祉サービスの提供)
5.児童福祉担当課(子育て支援課等)
 子育てやひとり親家庭に関するご相談や援助を行っています(児童福祉サービスの提供、家庭児童相談)
6.障害者福祉担当課
 市町村に住む障害児者の福祉について総合的な相談の窓口となっています(障害者福祉サービスの提供、相談)